パニック障害と平日ほぼワンオペ育児、結婚した理由、理解されない苦しさ


あーあ、なんで結婚したんだろう。

夫婦って、家族って、めんどくさい。

こんなに近くにいて、なのに夫っていうのは自分とは全然違う人間で、
遺伝子的にも違えば(まあヒトだけど)、育った環境も常識も前提も知識も経験も考え方も感覚も違う。
筋力も違えば体力も精神力も免疫力も何もかも違う。

それがどういうわけか共に生きることに決めてしまって。

「なんでパパと結婚したの?」

と子どもに聞かれれば

「一緒に子育てしたらきっと楽しいだろうなって思ったんだよ」

と答えている。

それは本当。

そして当時の私の結婚相手の最大条件は

「暴力をふるわず話し合いができること」だった。

レベル低い?

んー、でも私の場合は、そうじゃない人を見てきたのでね…

お互いのことが好きで、話し合いができるのなら、別れる理由は出てこない。

だから続いてきた。

しかし今、私は、「あーあ」と思っている。

別れたいとかじゃない。

『通じ合うって難しいしめんどくさい』

というところに疲れているのである。

話し合いができたとしてもね。

自分の思いを整理して、夫に言葉で伝えて、それが理解されるとは限らない。

いちばん困るのは体調面。

夫はもともと丈夫な人で、風邪を引こうが何だろうが食欲は落ちず食べて元気になるタイプ。

私は食べないで休んで元気になるタイプ。

夫は社交的で精神的にも強いタイプ。

私は一人でいることが好きで、精神的には弱いタイプ。

そんな私が今困っているのは、パニック障害について夫からほとんど理解を得られないこと。

子どもたちがいて、大人は私一人というとき、ときどき足元から恐怖が襲ってくる。

ゾワゾワゾワゾワーーーー!っと足元から何かが迫ってきて駆け上がってくる感じ。

胸が苦しくなったり、心臓がドキドキ早くなったり、息ができなくなったり。

頭のどこかでは、大丈夫なのに何してんの、と冷静な自分が5ミリくらいいて。

その5ミリに必死に集中しようとして。

胸が苦しいのは一番つらい。ダメだと思ったらしばらく横になる。救急車どうしようと考えながら。

夫が何時ころ帰ってくるかわかるだけでも安心度が違う。

だから帰る目安を決めて連絡してほしいって何度もお願いしてる。

夫にはこの重要さがわからない。

わからない人にとっては、
このお願いがどれだけ小さくてバカげたものでワガママなものなのか、まあ想像はつく。

苦しいなぁ。

これは夫に頼れることだから、と伝えているのに。

心療内科に行っても、臨床心理士さんとは相性が合わず、あまりにひどいようなら薬を出すと言われ。

でも、薬を飲まなくても改善できそうなら、そうしたい。

夫がこうだからって、離婚よ!とは思わない。

楽しい時もあるから。

理解されないからって嫌いになるわけでもないから。

夫が私を理解できなくても、愛されていないということでもないから。

いいことも、わるいことも、あるものだから。

いつもいつも、自分に都合の良いことばかりなわけじゃない。

でも、ひとりよりは夫と一緒の方が楽しいから。

それがDVとかモラハラとかあまりにもひどいものなら、
そんなのんきなことを言ってないで自分の人生守ればいいけど。

もう、キュンともドキッともしないけど、
でもいっしょに過ごしたいと思った人。

結婚なんてしなくても、一緒には居られるけど。

そもそも結婚したいと思ったのは、
社会的に夫婦になっていたほうがいいと思ったから。

当時の夫は無茶な仕事をしていて、
いつ事故で何があるかわからなかった。

なにかあったとき、
恋人といういう立場だと、例えば面会謝絶の病室に入れない。
万一亡くなってしまったら他人になる。
逆に私がそうなってもね。

子どもを育てるにも夫婦である方がスムーズだと思ったし。

結婚は家と家のことでもあるから、正直面倒なことも出てくる。
自分たちだけじゃないところでいろんな関係ができる。
ということは、気も使うし問題が起こることもある。

それでも一緒に居たいと思ったんだよな。

結婚してよかったか?

と聞かれれば

よかったよ。

テキストのコピーはできません。