アヒムサ 非暴力


ヨガの教えに、アヒムサとかアヒンサーとかっていうのがあります。

非暴力。

これはね、肉体的にも精神的にも、傷つけてはならない、ということ。

ガンジーもやっていましたね。
ガンジーってヨギ(ヨガする人)なんですよ。

 

でもこれが学んでいくともうちょっと深くてですね。

傷つけようと「思うだけ」でもダメなのだそうです。

そうか。
誰かを傷つけようと思っただけでも、自分の心はどうだろう。

そこに平安があるわけがない。

 

そしてね、他人だけでなく、自分のことも、傷つけてはならないのです。

無理をすること。

本当は嫌なのにやっていること。

自分のことなら、ついつい、傷つけてしまう。

でも、自分も、神様からの借り物。

自分のものってわけじゃないのです。

 

周りの人も、自分のことも、大事にしましょう。

 

ところで、ヨガナンダ師は、蚊を叩き殺してもそれはアヒムサに反しないと言っています。

病気を媒介するなど、人間にとって害のあるものは、いいのだと。

この世で修業をすることができる、人間として命を与えられたのは、それだけかけがえのないことのようです。