親知らずが痛かったけれど授乳中なのでコレで耐えました。


体調が悪くなると、右下の奥の歯茎が腫れます。

私には、抜かなくてはいけない親知らずが、3本あります。
斜めに出てきてしまって、その前の歯をグイグイ押しています。

1本はすでに抜きました。

歯科では、
「抜いたほうがいいけれど、今すぐ困るような状況ではないので、授乳が終わったらにしましょう」
と言われました。
抜歯後に抗生剤を飲まなくてはいけなくて、その薬が授乳中には良くないのだそうです。

痛いとか、どうしようもなくなったら、それでも抜くのでしょうけれど。

親知らずのところが腫れるのは、風邪を引いたとか、寝不足とか、ストレスがたまったとか、
そういうときです。
寝かしつけで歯を磨くのを後回しにして寝落ちするとかもダメです。
それが疲れているときだと、ここぞとばかりに腫れます。

なので、体調のバロメーターでもあるのですが。。。

先日、もう歯医者に行こうかというくらい痛くて、
ごはんを噛むのなんてもちろん苦痛、
飲み込むのも、口を開けるのも辛かったです。

しかし授乳中であるのと、抗生剤を飲むと必ず胃を始め調子が悪くなるので、
なんとか避けたくて粘りました。

粘った期間、およそ3週間。

でも、元に戻りました。

そのときにいろいろやってみたことを書きます。

・寝る(睡眠不足は敵)
・栄養を摂る(ドリンクゼリーやサプリメント)
・エキナセアティーを飲む
・洗口液でうがい(アルコールフリーの方が低刺激)
・トークセン(タイ伝統木槌療法)で脚のセンを叩く

 

トークセンってコレ。

タイの民間療法でして。
この木槌と杭で、身体のタイ経絡に振動を与えます。
これで叩くのか!という見た目ですが、リラックス効果もあります。
私はトークセンセラピストでもあるのです。
これについてはまた今度。

どれが効いたのかわかりません。
全部効いたのかな。
痛みに効いたのは意外にもトークセンです。
って、一般の方には役に立たない情報か(;´Д`)
家庭に1セットトークセンを用意しておくといいですよ←わりと本気

食事とか出かけるとかの20分前くらいにトークセン施術すると、
イライラしない程度には痛みが引きます。
歯も胃も痛かったので、脚の1のセン内外。←マニアックすぎる

酷い時は頭や首筋まで痛くて。
はっきり言って歯医者に行けというレベル。
真似はお勧めしませんが、なんとか乗り切りました。

歯医者に行くのが一番良いですよ。
でも、私のように、授乳が、とか、薬が、とかの問題がある場合。

いつも以上にしっかり寝て、口の中の清潔に気を付けて、
(痛みにはトークセン)
食べられなくてもドリンクゼリーなどで乗り切る。

参考に、、、なるかしら。