わたしがヨガをする理由


ヨガを始めたきっかけは、

肩こり解消のため。

 

始めてみると、

仕事とは全く別の時間を過ごせることが魅力になりました。

 

もっとヨガをしたい。

 

そう思ってジムのヨガクラスから

ヨガスタジオに行ってみるようになり、

もっとヨガの時間がほしくて、

インストラクター養成講座に。

インストラクターになりたかったわけではないのです。

ところが私が選んだ養成講座は、

バリッバリの本格的なヨガだった。

 

つまり、アーサナだけでなく、

ヨガ哲学や瞑想をガッツリ学ぶ講座だったのです。

 

うへー、怪しいけど面白い。

何のために生まれてきたのか?

どんなふうに生きていくべきなのか?

この世とは?魂とは?

子どものころから気になっていたことの答えがあった。

 

怪しい怪しい言いつつハマってしまい、

気の流れって、いや気のせいですよね、と思いながらも、

あれっ、気を集めるとビリビリ、プヨンプヨンする( ゚Д゚)

 

そして父の死に向き合い

魂ってあるわ!!と実感せざるを得なくなり。

 

気の流れが感じられること、

瞑想することによる変化、

不思議なシンクロニシティ。

 

ヨガをすると

ときどき涙が止まらなくなることもありました。

何かを考えていたわけでもないのに。

どうして涙が出るのかわからない。

不思議な体験。

先生は、必要な浄化が起こると言いました。

 

いやいやいや、やばいでしょこれ宗教??

壺は買わないでね、と夫に笑われつつ、

実生活でヨガの教えが真実であることが勝手に実証されていく。

何だよこれ、勘弁してよ。

 

 

ヨガを続けていくと

幸せな優しくなれる時間が少しずつ増えていきます。

どうしてそうなるのか、わからないけれど。

生きていることがありがたく、

見ず知らずの人の人生さえも愛おしい。

そんな感覚になることがあります。

私の中でそういう時間が増えていったら。

他の人々の中でも増えていったら。

すぐには大きな変化はないだろうけれど、

ヨガは、自分を、世界を、

幸せにするんじゃないかって、思うのです。

テキストのコピーはできません。