産後 子育て期夫婦の気持ちのすれ違うところ


産後 子育て期夫婦の気持ちのすれ違い。

全然ラブラブじゃないんですけどー。

というより

憎しみや嫌悪さえ感じる瞬間がある。

でもね、これは、妻視点で言えば、

原因はアレですわ、

疲れているんです!!

 

構ってほしい夫と

構ってられない妻と。

 

だってそうでしょ?

子どものことばーっかり優先して

無意識に我慢重ねて

一体今日は何ができただろう

ああ疲れたやっと子ども寝た

また夜中に起こされるだろうけど私も寝よう

もう片付けとかは明日ね

と思ったときに

やっと夫婦二人の時間だと構ってちゃんの夫が来たら…

ハァもう堪忍してくだせぇ年貢はこれ以上払えねぇです、もうわしら百姓は死んでしめぇますだ、

みたいな(どんなだよ)気分ですよ。

 

私に構う余裕があるのなら、

皿を下げてくださいよ。

おもちゃのひとつでも片付けてくださいよ。

いやありがたいですよ、

結婚して十何年か経っても

好きだと言ってくれるのは嬉しいです。

寂しい気持ちもわからなくはないです。

でも、私は今、寝たい。

あなたと寝たいのとか

そういうスイートなことじゃなく(キャ(/▽\)♪)、

本当に言葉のまま、寝たい、眠りたい。

 

この夫婦間の気持ちの差、

余剰体力の差、

これこそが、

産後子育て期夫婦のすれ違いの

大きな原因(のひとつ)だと、

本気で思うのであります。

 

であれば、解決策はその差をなくしていくことだから、

夫がもっと疲れるか

妻がもっと楽になるか。

夫が家事育児をもっと担当することで、

妻の疲れは軽くなります。

はっきり言って、

家事育児が大変で辛いと思っているのに、

助けてもくれない夫なら、

いくら好きだと主張されても、

妻としては全然愛情を感じられません。

それと似たようなパターンで、

スキンシップを取ろうとしないのに

嫌いになったわけじゃないと言われても、

夫としては全然愛情を感じられません

ってことらしいです。

 

どうだったら愛されてると感じるのか

そういう話をパートナーとしてみると

意外な発見があるかも。

テキストのコピーはできません。