【元小学校教諭で3児の母が教える 小学校入学準備】消しゴム編


アイキャッチ画像にした息子の筆箱に、

肝心の消しゴムが入っていない。

おいおいおいおいおいっ!

 

消しゴム選びは重要です。

白くて消しゴムの役割だけを全うする気満々のやつがいいです。

例えば、MONO消しゴム。

かわいくなきゃ嫌!というなら、紙ケースをデコってもいいのです。

ただし学校によってはデコってはダメかもしれませんが。

間違っても色付きとか、におい付きとか、

お勧めできません。

きれいに消えないから。

学校でも禁止されている場合が多いと思います。

 

大きさは、好みですね。。。

あまり大きいと結局割ったりちぎったり、、!

でも大きい方が持ちやすいという子もいるかも。

うちは、小さいサイズのをまとめ買いしました。

 

まとめ買い、重要!ストックがあった方がいいです。

消しゴム失くしたとか、小さくなったとか、突然言い出しますからね( ;∀;)

気に入ったものがあればストックを用意したらいいです。

親が気に入っても子どもが気に入らない場合もあるので、

お子さんの意見も聞いてください。

結局使わないとか嫌ですものね。

 

 

そうそう、すぐに失くすので

(失くさないお子さんもいますが、

教室の落とし物箱は迷子の鉛筆消しゴムが多いです)

ケースにも本体にも名前を書いてくださいね!

 

それから

消しゴムの使い方は、お家で練習した方がいいです。

学校では、鉛筆の持ち方は懇切丁寧に指導しますが、

消しゴムの使い方まで丁寧には指導しないことが多いです。

1年生なのでまだ力加減が難しいです。

消しゴムに、力は要りません。

消したくてつい力を入れてしまって、ビリっとやっちゃうんですよね。

反対の手で消したいところの近くを押さえて

消しゴムさんでそっとなでなでなで、

細かく動かします。

 

おばけとか怪獣とか妖怪とかを鉛筆で描いてあげて

消させてみるのも楽しいかも。

マジックで絵を描いた上に鉛筆で塗りつぶして

さて何が出てくるかな消しゴムでこすってみよう、とか。

もう字が読めるなら、

お手紙を書いてところどころ黒塗りにしてもおもしろい。

楽しそう(^^♪

テキストのコピーはできません。