嫌いだったポーズのはずなのに、気づいたら何でもなくなってた。


身体がかたいことがコンプレックスな私。

寝る前にストレッチをしている。

ちょこっとでも、できるだけ。

前屈が本当に苦手で。

かつては、

まず脚を前に伸ばして座る

というのがすでに苦痛なレベル。

仙骨が床と垂直になんてなりゃしない。

そんな状態で

よくヨガインストラクターを志したものです。

最近は

ちょっと膝は曲げちゃうけど、

太ももとお腹がくっついて

リラックスのポーズだということが

実感できてきた。

変わったなぁ。

あ、そういえば!

私はもっともっと嫌いなポーズがあって。

それは、、、

ダウンドッグ。

わりと動くタイプのクラスだと、

ダウンドッグで休憩します、

そのまま深い呼吸をします、

とか言われて、

え、何言ってますのん??

めっちゃ辛いんですけど!

と思っていた。

でも、そういえば、

最近全然苦しくない。

変わるもんだなぁ。

嫌いなものも、

ずっと嫌いなままではないんだ。

やりつづけていれば変わることもある。

やらなくても、

何となく大丈夫になることもあるかも。

それはヨガのポーズだけじゃなくて。

ほかのいろんなことも。

テキストのコピーはできません。