『きみは赤ちゃん』妊娠出産子育てに興味がある人におすすめの本


川上未映子の「きみは赤ちゃん」を

やっと読みました。

川上さんの、妊娠から出産、

お子さんが1才になるまでのエッセイです。

妊娠出産、子育て、

パートナーへのどうしようもない不満、

身体の変化、どれをとってもわかるわかる!

帝王切開じゃなかった私も帝王切開の痛みに身震い。

そして表現がおもしろい。

一番笑ったのは、

卒乳後の胸を「打ちひしがれたナン」と表現したところです(^_^;)

やっぱり、

妊娠出産子育て、

辛いこともたーっくさんあるけど、

おもしろい!

パートナーへの不満なんて、

ほんとよくわかる。

そうそうあのときそう思ったわ!って。

バリバリ仕事をする人生も憧れるけど、

こっちがわの人生も楽しいよなぁ。

「きみは赤ちゃん」、

年末の札幌市の図書館では

予約が何十件と入っていたのに、

石狩市民図書館ではすぐに借りられました。

テキストのコピーはできません。