うちの産後クライシス② 夫婦のすれ違いの原因は


前回のあらすじ。

2才と赤ちゃんのいる暮らし、

夫は残業続き、

家事育児を抱え込んだ私は余裕がなくなり、

もう夫のことを好きじゃなくなった!

と号泣する始末。

さて、それから。

毎回同じことで喧嘩してる

当時は離婚するエネルギーも余っておらず、

ただ日々を乗り越えていったのです。

ときどき喧嘩をしながら。

喧嘩と言っても、ほぼ私が一方的に文句を言う形でしたけど。

何度も喧嘩をしていると、

また同じこと言ってるよ、というパターンがわかってきました。

それは

私は、家事育児にもっと協力してほしい。

夫は、もっとスキンシップをとってほしい。

私のことが好きなら。そうしてよ。

俺のことが好きなら。そうしてよ。

私はあなたが好きだから、限界まで頑張ってる。

俺はあなたが好きだから、仕事を頑張っているし

くっついて好きだと表現したい。

ねぇなんでそれがダメなの?

これだけやってるのに。

ズレてる。。。。

お互い、してほしいこと、したいことが、ズレてる。

相手の好きスイッチじゃないところを押してる

自分にとっての「当たり前」が

相手にとっての当たり前ではない、ということ。

相手に「好き」を伝えるために投げているボールが

相手にとっては全然かすりもしないところに飛んで行ってしまう。

そこじゃねーよ!

どこだよ!

相手に「好き」を伝えるボタンを押したはずなのに

相手は逆に怒り出してしまう。

それ怒りを刺激するボタンだから!

いやそんなつもりないし!

そうなんです、全く嚙み合ってない。

新しくペットを飼うときの方が丁寧かも

相手は自分とは違うんだ。

結婚してとても近くにいる人だけれど、

全然違う生き物なんだ!!

じゃあ、どうしてほしいのか、どうしたいのかを知って

それが自分とは違っても、お互いにできるだけ尊重しなければ

この先やっていけないということだ。

とても面倒くさい。

新しくペットを飼うみたいだ。

こうすると喜びます、こうすると嫌がります。

こういうエサが好きです。

これを食べさせると中毒を起こします。

ペットなら、調べるけれど。

語弊があるだろうけれど、

新しくペットを飼うときの方が、

もっといろいろ知ろうとして、合わせてあげてるかも(*´Д`)

(ちなみにうちは、犬は飼ったことがなくて、息子が近所の遊水路で捕ってきたドジョウがいます)

喧嘩になる前に話し合おう

何度も喧嘩してきて、何となく、わかってきたのです。

ちょっとずつでも譲り合う、ということが。

喧嘩になる前に、

私はこうしてほしいんだ、と言うこと、

あなたはどうしてほしいの?と聞くこと。

はっきり言って、何年も経った今でも、

夫の言っていることが共感できない。

でも、何を言っているかはわかるので、合わせることはできるのです。

ぶっちゃけ

男の人はスキンシップが欲しくて、

女の人は家事育児に協力してほしい、

それが愛情表現 好きスイッチである場合が多いのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。